The Man in the Glass House

建築家はインスパイアを与えることも、物議を醸すきっかけにもなりうるし、その裏にいる人々もしかりだ。バイオグラフィーThe Man in the Glass Houseでは、ダラスの建築評論家マーク・ラムスター氏が、業界でもっともアイコニックでもっとも評論される職人フィリップ・ジョンソン氏を特集している。クリーブランド生まれの建築家ジョンソン氏は、ヨーロッパのモダニズムをアメリカへ持ち込んだことで知られており、ジョンソン氏のニューカナン・グラスハウスのようなガラスの職人技に見受けられる洗練されたラインに定評がある。ジョンソン氏は、ニューヨーク近代美術館の初代建築キュレーターやプリツカー賞の初代受賞者としても有名でもっとも影響力のある専門家と言われているが、彼の作品や彼のパーソナリティーは詳しい調査せずには理解しきれない。528ページに渡り、ラムスター氏はアメリカで最も名の知れた人物の公私におよぶ明暗を網羅している。

Your crate × Close
Total

Free shipping over $25 in the U.S.
International rates at checkout.

Crate